弁護士と探偵どっちに依頼する?弁護士の役割

弁護士と探偵どっちに依頼する?弁護士の役割について

浮気調査を依頼するのに、弁護士と探偵のどちらに依頼しようと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、弁護士と探偵は似て非なるものです。こちらでは弁護士の役割と弁護士と探偵の関係についてお伝えします。

 

弁護士の役割

浮気や離婚に関して弁護士ができることは慰謝料の額についての相談、慰謝料を多く貰うための相談、離婚するべきかどうかの相談、親権の相談、養育費の相談、持っている証拠が浮気(不貞行為)の証拠として認められるか、証拠の集め方、離婚後の財産分与の相談などです。以上の項目を見て分かるように「不貞行為の証拠取集」は弁護士の役割にはありません。

 

弁護士と探偵の関係

難解な離婚問題や泥沼慰謝料請求では探偵に依頼して証拠集めをしたあと、弁護士に依頼して裁判になることも少なくありません。優良な探偵会社や大手探偵会社だと浮気調査後に探偵を紹介してくれるところもあります。このような会社を利用すると有力な報告書を作成してくれますし、弁護士に必要な情報の引継ぎができていて、安心して任せられますね。

 

このように弁護士と探偵の役割は違い、お互いに住み分けています。どちらか一方を使う人もいれば、両方に依頼する人もいて、その選択は依頼内容や離婚問題の程度、資金を用意できるかどうかによります。弁護士と連携している探偵事務所・興信所に依頼すれば、手間と料金を抑えることができるのでおすすめです。

 

⇒弁護士と連携で安心の東京都内浮気調査