法的根拠を持つ証拠の種類とは

法的根拠を持つ証拠の種類とは?

結婚後の浮気について、慰謝料請求や離婚のためには法的根拠を持つ証拠を獲得する必要があります。法的根拠をもつ証拠とは「不貞行為を示すことのできる証拠」です。それでは実際にはどのような証拠が認められるのでしょうか。こちらでは3つの種類の例をご紹介します。

 

写真やビデオ

証拠として写真やビデオなどの「映像」が一番優れているといわれています。配偶者が浮気相手と一緒にラブホテルに何度も出入りしている瞬間は、「性行為(肉体関係)を推認できる証拠」となります。しかし浮気相手と2人きりでの旅行、浮気相手の部屋への出入りだけでは、肉体関係があることを立証するには不十分です。この場合肉体関係を裏付ける他の事実も必要になってきます。またデジカメの写真は証拠能力としては弱いと言われています。それは画像の編集修整が簡単にできるからです。そこでデジカメ写真の場合は年月日時分が入っていて、連続性があれば、効力を持つ証拠として認められることもあります。

 

録音テープ

夫婦の会話の中の配偶者が不貞行為の事実を認めるような発言を録音することで証拠となります。こちらもデジカメやICレコーダー等は編集・ねつ造が簡単にできるので、証拠としての効力は弱いといわれています。また、電話盗聴は通常話者の人権侵害となりますので証拠能力を否定されてしまいます。つまり証拠として使用できません。

 

電子メール・SNS

メールやSNSのやり取りで、配偶者の浮気が発覚するケースは年々増加しています。しかし残念ながらメールやSNSを見た、またはその内容を写真に撮ったというだけでは、配偶者と浮気相手が交際していたという事実は証明されても、不貞行為の証拠にはなりません。こちらでは「不貞行為」のみが法的に縛りある行為とみなされています。メールやSNSのやり取りでも、配偶者が不貞行為を認めた内容や明らかに肉体関係が認められるような内容は証拠となります。

 

⇒浮気の証拠を掴む東京都内の浮気調査